水分補給は重要

 

ダイエットをしていても水分補給は重要ですが、飲料水などのカロリーもやっぱり気にしたほうが良いです。

 

スポーツドリンクなどはカロリーが低そうなイメージがありますが、場合によっては太る原因になります。

 

今回は
・スポーツドリンクの注意点は?
・どういうときにスポーツドリンクを飲むべきなのか?
・スポーツドリンクより水?
といった内容を紹介していきます。

 

スポーツドリンクに含まれる糖分の量はヤバイ!

 

スポーツドリンクに含まれている糖分の量は、ダイエットをするものとしてはかなりヤバイ量が含まれています。

 

 

実は、スポーツドリンクに含まれている糖分の量は、代表的な飲料水「ポカリスエット」では100ml中6.2g入っています。

 

ペットボトル500mlに換算すると、含まれている糖分の量は約30g Σ( ̄ロ ̄lll)

糖分30gといわれてもピンとこないですよね。これ、角砂糖だと6個分に相当します。

糖分30gは角砂糖6個分

 

コカ・コーラの「11.3g/100mL(500mlに換算すると角砂糖約11個)」と比較すると、まだスポーツドリンクの糖分の量は少ないといえます。

 

とはいえ、ポカリスエットのカロリーはお茶碗半分のご飯量と同じくらいなので、普通に水分補給で飲んでいたら太ってしまうんです。

 

スポーツドリンクの働き

長い時間運動をするときなどや暑い日の野外活動でスポーツドリンクは次の働きをしてくれます。

・汗で失われた塩分を補給できる
・水分の吸収の進行を良くしてくれる
・運動エネルギーの回復

 

以上ですが、結局はカロリーが高いので飲みすぎには注意が必要だという事になります。

なので、室内にいるときは水などのカロリーの低い飲料水を選ぶのがポイントですね。

 

スポーツドリンクよりも水を飲むほうが成功率が高い?

 

カロリーがほとんどない水は飲み方を工夫することでダイエットが可能です。
たとえば、ご飯を食べる前に水を飲むと、カロリーの吸収をペースダウンさせることができると言われています。

 

食事の前に水を飲むダイエット

 

ダイエットと水を飲むことを組み合わせれば、効果はアップして目標の体重に近づける可能性も高くなります。

 

「カロリー制限ダイエット」と水を飲むように組み合わせれば、さらにダイエットの効果が期待できるといえます。

 

英国バーミンガム大学で行われたダイエット調査

これは、英国バーミンガム大学の研究グループで行われたダイエット調査ですが、「肥満の成人84人」を対象に、水を飲むことで摂取した食事のカロリーがどう変わったのか?を調べました。

 

84人は2グループに分けられ、

  • 片方は通常のダイエットプログラムを
  • もう片方は、通常のダイエットプログラムの食前に水を500ml飲む

という実験を1日3食、12週間(3ヶ月)行った。

 

【実験の結果】

食前に水を飲んだグループのほうが1.3kg体重を落とす事ができた。
※参考URL https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26237305

 

高齢者は食事の30分前に水をコップ2杯ほど飲むと、摂取カロリーが少なくなる。
※若者には変化が無かったそうです。
※参考URL https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17228036

 

食前の水でダイエット

水を食前に飲むと満腹感が強くなり、食事の量が少なくなる。結果、体重が減ることに繋がります。特に高齢になってくると体重が落ちにくいと言われますよね。

こうしたことから、カロリー制限と水を飲むことを組み合わせれば、目標の体重になるかもしれません。
食前に水を飲むのはそんなに難しい事ではないので、今日から始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
みっちゃん

みっちゃん

美容部員・美容に関するお仕事を若い頃にやっていました。カラー診断とか得意です(。-_-。) 「わたしが知ってる美容の裏技」を使って見に来て下さったみなさんの肌が綺麗になればいいなー