この記事は約 5 分で読めます

みっちゃん
みっちゃん
こんにちわ、娘が結婚する事になり、バタバタしているみっちゃんです。

これから結婚するカップルさん、親御さんに向けての記事を書きました。「リモート顔合わせ」どんな風に準備すればいいのか?

実際にやってみたので体験談を書きました。気になる人は参考にして下さいね♪

結婚式前の両家リモート顔合わせ

\このページの注目ポイント/

  • 「リモート顔合わせ」やってみら、どうだったのか?
  • どんな準備をしたのか?
  • 進行はどんな風に進めたのか?

主な登場人物

みっちゃん
みっちゃん
結婚前の娘を持つ50代主婦です。初顔合わせドキドキ・・・

まい
まい
今回結婚する事になった現役エステティシャンの20代、娘です。
彼氏
彼氏
今回結婚する事になった娘の彼氏(将来旦那さんになる人)

+娘の父&彼氏のご両親

結婚前に両家「リモート顔合わせ」する事になりました

娘に彼氏が出来まして、2年間同棲の末、この度結婚することになりました。
ここで問題になったのが⇒「コロナまん延防止のおふれ?(通称まんぼう)」

娘と二人で「これじゃ~両家揃って食事会とか無理よね」と相談していたら

そうだ!zoomでリモート顔合わせは出来ないかな?という提案が!調べてみると

  • ・両親が遠距離で合うのが大変なので利用した。
  • ・海外の方との結婚で、相手のご両親とネットを通して顔合わせした。
  • ・片方の親が体調不良、家から出られない為に利用した。

・・・なんて話がいくつかヒットしたので、うちでもやってみようと思いました。

向こうの親御さんネット慣れしてるかな?(詳しい人が近くにいればいいのだけど)ネットでの顔合わせって失礼だと思われないかな?

二人して一抹の不安を抱きつつ、早速準備開始。(やるぞー!)

「リモート顔合わせ」準備に必要なもの3つを確認

まずは、はじめる前に確認しておかなきゃならない大事な事が、3つあったので、もう一度書き出してみる事にしました。

  1. ネット環境はあるのか?前もって確認する
    ⇒無ければお相手の彼氏さんにスマホを持って、実家で待機してもらう

  2. お互いにリモート顔合わせには賛成なのか?
    ⇒出来れば結婚予定の当人2人からネットでの顔合わせの話を振ってもらう

  3. 進行をスムーズにすすめる為の「しおり」を作り進行役を決めておく
    ⇒今回は娘が使い慣れてるcanvaというサイトを使って作成してました。

【便利】「両家顔合わせのしおり」が作れるサイト

エステティシャンの娘さんが、いつも使ってるサイトがココ

\無料で使える作成サイト/

※無料で画像を作れるサイトです(一部有料あり)気に入った画像を元に文字や写真を配置しておしゃれなテンプレートが沢山用意されています。

みっちゃん
みっちゃん
ネット上でそのまま画像編集も出来るので、サクッと作ってくれました。(頼りになるわ~)

注:先にログインが必要⇒右上にあるボタンから登録

登録
▼GoogleアカウントやFacebook、メールアドレスで簡単に登録出来ます。

登録方法

▼「結婚式 無料」で検索するとお洒落なテンプレートが出て来ます。

無料で結婚の顔合わせ用しおりが作れるサイト

▼「両家顔合わせのしおり」に最低限必要な項目

・表紙(挨拶)

・結婚する二人の自己紹介

・両家の家族構成(写真を用意)

・最後の挨拶

zoomを使ったリモート顔合わせに早速チャレンジ

我が家の場合は、娘が仕事でzoomを使い慣れていたので「zoomでやろう!」という話になりました。

みっちゃん
みっちゃん
使い慣れてる会議ソフトを使うのが1番だね

お相手のご両親もノートPCで前もってセッティングされていたようで、割とスムーズに話は進みました。

まい
まい
心良く了解して貰えたのは、交際期間&同棲の期間が長かったからかもね

最悪LINEでグループチャット(カメラ顔出し)かな?と思ったけど、ご両親の近くに、ネットに詳しい彼氏のお兄さんが居たみたいでサクサクっと準備出来たのが良かったです。

当日へ向けてのリハーサルもやってみたよ

リハーサル

 

食事はどうしようか?と思いましたが、後日コロナが落ち着いたら又、改めて日を設けるとの事で、今回は食事無しでの顔合わせとなりました。

【実際の流れ】「リモート顔合わせ」は進行役がいると会話がはずむ

リモート顔合わせ画面

司会進行役は結婚する二人が中心になるとスムーズに進みます。
親は出しゃばらず・・・司会役の二人に任せると成功しやすいかも?

※はじめの挨拶(進行役の彼氏頑張った!)

まずは、本来は実際にお会いして両家のご挨拶をしなければいけないのですが、このご時世食事会等をするわけにもいかず、このような形での顔合わせとなりました。

この度はご理解、ご準備を頂きありがとうございました。

※二人の写真を見ながら自己紹介

結婚前両家リモート顔合わせのしおり

ひとまず、それぞれ二人の紹介をさせて頂きます。
(しおりを見ながら、それぞれの趣味・好きなものなど読み上げる)

出会いのキッカケや、これからの二人の目標・どんな家庭を作りたいか?など話してくれました。

※彼氏の方のご両親・ご家族の紹介

両家の紹介
次に、しおりを元に進行役の彼氏から、兄姉・親戚を紹介してもらい

続いて、ご両親からご挨拶を頂きました。

「本当はお会いしてお話しをしなければいけないのですが、息子からこのような形で顔合わせしてはどうか?との話を聞き、準備をして貰いました。
(いい時代になりましたね的な会話もあったかな)

息子の事をどうか末永くよろしくお願い致します。」
(父⇒母の順にご挨拶を頂きました)

※娘側の両親・家族の紹介

両家の紹介
先に家族写真が写ったしおりを見せながら、娘が順番に紹介してくれました。

同じように父⇒母の順番に挨拶

「このご時世なのでネットでお顔を見ながらお話しする事になりましたが、お時間を取って頂きありがとうございます。
○○君とても優しくて娘を大切にしてくれると感じました。ふつつかな娘ですがどうか末永くよろしくお願い致します。」

凄く緊張しましたが、こんな感じの挨拶をしました。(とても気さくな感じのご両親でずっと和やかな雰囲気で45分あっという間でした)

ラストは二人の挨拶と、LINEアカウントのQRコード、電話番号が書かれた用紙が出て来て、これにて終了。

【さいごに】リモート顔合わせ成功のポイント

最後に、「両家リモート顔合わせ」成功のポイントは何だったのか?と考えてみたら

二人の交際期間が長かったので安心して参加できました。

⇒前もってお互いの両親の話をしていた事がプラスになりました)

子供達の方から「リモート顔合わせ」の打診があったのが良かった

⇒子どもからの提案だったので、気を使わずにすんなり話がまとまった。

前もって作っていた「しおり」が役にたったこと

⇒見ながらお話ししたので、お互いの家族構成もわかりやすくてGoodでした。

みっちゃん
みっちゃん
あまり堅苦しい雰囲気にもならずに、お互いの顔を見ながら話が出来たのが良かったです。

これから結婚式をあげようと考えてる方々の参考になれば嬉しいです。

The following two tabs change content below.

みっちゃん

美容部員・美容に関するお仕事を若い頃にやっていました。カラー診断とか得意です(。-_-。) 「わたしが知ってる美容の裏技」を使って見に来て下さったみなさんの肌が綺麗になればいいなー